アバディーン(Aberdeen)スコットランドの神戸??

アバディーン(Aberdeen)スコットランドの神戸??

スポンサーリンク

こんにちは。エジンバラ在住のTAKAです。

先週末、久しぶりに1日半の休みができたので

エジンバラでできた日本人友達2人と一緒に

スコットランドの3大都市、Aberdeen(アバディーン)

に行ってきました!!!!

その後、僕がツイートした内容がこちら↓


現在エジンバラに住み、グラスゴー、アバディーンと旅行に行ってみましたが、

アバディーンの第一印象はそう、日本の神戸っぽい!!!でした。

ということで、今回のテーマは

スコットランドの神戸。Aberdeen(アバディーン)です。

では早速いってみましょう!! Let’s see it~

“今回の旅のプラン(宿泊日数、宿泊場所、移動方法、費用など)”

今回の旅は、土曜日の13時頃に出発し日曜日の19時半頃に帰宅という1泊2日の小旅行でした。

男3人旅です。今回はレンタカーで行くことに、、、(詳しくは後ほど。)

特にどこに行くとは決めず、ざっくりとAberdeenに行こう!!と出発した僕たちでした。

<宿泊場所>

まず僕たちが泊まった場所について。

出発日の2日前にBooking.comのアプリで宿泊場所を予約しました。

宿泊したホテルの名前は “Sempre Arcadia” (その時は星8.3でした)

マップに住所を入力しルートを検索、辿り着いた先がこちらです。。。

 

む、む、む、、、手書き???

一応ホテルのジャンルになっていたので、誰もが想像するであろうホテルのエントランスをイメージを持って訪れたのですが、まさかの手書き看板で入口は暗証番号タイプ。Airbnbなどで借りれるアパートタイプに似た宿泊場所でした。

まあ、重要なのは客室ですね。客室の写真はこちらになります。

 

うん。悪くない。むしろ良い!!!

シングルベット2台ダブルベット1台が入る広めの部屋で、白と青の壁が部屋の雰囲気とマッチしており、とてもおしゃれな空間でした。暖房設備も充実しており、大きな窓から朝日が差し込む満足な客室でした。

トイレ、シャワー、キッチンは共有となっておりましたが、その日宿泊客が少なかったので、ほぼ貸切状態!!

不便に感じることはありませんでした。(シャワーの水圧も満足 ← 個人的な重要ポイント)

さて、皆さんが気になるお値段ですが、、、なんと、、、

一泊 £42.5 !!!(約6000円)

つまり3人で割ると、一人当たり1泊2000円ですね。

安い。。。

ホテルの周りも閑静な住宅街で安眠できました。

市街地までは歩いて30分ほど。(ここが少しネック)

夜タクシーでホテルに帰った時は市街地から£15(約2000円)でした。

客室からの朝の眺めも綺麗でした。

<移動方法>

今回の移動方法はレンタカー

今回使用したレンタカー会社はEASIRENTです。2日間のレンタル料金の詳細は以下のとおりです。

借りた車:5人乗りの乗用車(オートマ車)

車本体のレンタル料:£21.39 (約3000円)

2日間の車の保険料 : £74 (約10500円)

可能走行距離のリミット解除料 : £15.98 (約2300円)

2日間のガソリン代 : £30 (約4200円)

合計 £141.37 (約19800円)

3人で行ったので一人当たり約£42 (約6600円) ですね。

(英国のレンタカー情報の詳細は別記事で書く予定です)

ちなみにAberdeenへの別のアクセス方法として同僚のスコットランド人からは列車も勧められました。

理由としてはAberdeenへの列車は海岸沿いを走行するため、車窓から綺麗な景色が楽しめるそうです。

※晴れていれば(ここは運ですね笑)

列車の料金の目安としてはEdinburghの中心地から行く場合、

乗車駅は、Edinburgh(Waverley) もしくはHaymarket

降車駅は、Aberdeen

で降りるとすぐに横にUnion Squareという巨大なショッピングモールがあります。

(右が駅ですぐ横に隣接しています。)

乗車チケットの往復料金は1人当たり

安くて約£25 (約3500円)、高くて約£50(約7000円)

旅行予定日と購入日によって値段が上下するようです。

3人以上のグループで行く場合はレンタカーの方が安いかもしれませんね。

今回の旅では途中のDundeeで少し寄り道をし、こんな写真が撮れました。

車のいいところは時間があれば寄り道ができるところですね。

美しい景色に偶然出会うことも。。。

“Aberdeen(アバディーン)の観光スポット”

今回の旅で訪れた観光スポットを紹介していきたいと思います。

皆さんがAberdeenを訪れる際の旅の参考にしていただければ幸いです。

『Union Square』

巨大なショップングモールで、雨が降った場合はここに籠ってショッピングするのもアリかもしれません。

平日は夜8時まで、土曜は夜7時、日曜は夜6時まで開いているので夕食前までゆっくり買い物を楽しめます。

『Union Street』

  

これは市街地のメインストリートですね。

通りは比較的綺麗で、クリーンな印象を受けました。

教会を改装したレストランや、古い建物を生かしたパブ、音楽ライブなどが行われているホール…

歩いて見て回るだけでも楽しかったです。

『Aberdeen Maritime Museum (アバディーン海洋博物館)』

ここはAberdeenの観光名所として定番ですね。

入場料は無料!!

一番下のフロアが、受付、カフェ、お土産屋さんになっており、2階から4階が展示スペースになっていました。

実は私の地元長崎県とAberdeenには縁があり、長崎市とAberdeenは市民友好都市提携を行っています。長崎市の観光地として有名なグラバー園をご存知でしょうか?グラバー園は日本の近代化に貢献したと言われるトーマスグラバーさんが住んでいた場所で、そのグラバーさんが幼少期に過ごした場所がAberdeenなのです。

この博物館には日本とトーマスグラバーさんの交流の歴史を取り扱ったセクションがあり、スコットランドで日本の歴史を学ぶというなんとも不思議な体験ができました。日本にいた時は興味を持たなかった歴史も、実際に博物館に足を運んで歴史に触れてみると、とても興味深いものでした。

時間帯によってはスタッフが無料のガイドもしてくれるので、英語の勉強にもなってオススメです!

『St. Machar Cathedral (セント・マーカー大聖堂)』

長老派キリスト教の教会。今回の旅で訪れた場所の中で、一番印象に残ったところです。

教会の周りにはたくさんの墓石があり、教会内部には教会の紋章をあしらったルネッサンス風の天井装飾と美しいステンドグラスがあり、荘厳な雰囲気を感じることができました。

あぁ。。。美しい。

『Seaton Park (シートンパーク)』

先ほど紹介したセント・マーカー大聖堂の後ろにある大きな公園です。

とても穏やかで、犬を連れて散歩する人や子ども連れの家族、カップルなど。。。皆がゆっくりとした時間を過ごしていました。

観光に疲れたらここでの〜んびり、、、なんてのはどうでしょう。

僕たちが1泊2日で訪れたAberdeenの観光地は以上です!

そんなにせかせかすることなく、色々な場所を訪れることができたので満足でした。

“Aberdeen (アバディーン)のレストラン、カフェ、パブ”

<レストラン>

Union Street には美味しそうなレストランがいくつか並んでおり、僕たちが行ったのは

『The Fishmarket at Soul』

という海鮮がメインのレストラン。

Aberdeenで獲れた新鮮な魚を使っているのがオススメポイントです。僕はFish and Chipsを頼みましたが、普通のFish and Chipsより白身がふわふわで美味しく感じました。(先入観のせいかもしれないませんが。。。笑)

魚の種類も幾つかあったので食べ比べてみるのも良いかもしれません。

<カフェ>

カフェはUnion Street にある『Union Cafe and Bistro』と市街地から少し離れた『Grub』に行きました。

まず『Union Cafe and Bistro』

ブランチとしてScottish beef 100%のハンバーガをいただきました。

コーヒはUnion coffeというブランドを使っていて美味しかったです。

(僕がエジンバラでお気に入りのカフェ「Racksalt」でもこのコーヒー豆を使っていた気がします。)

お次は『Grub』

  

Aberdeenを離れる際に寄ったカフェなのですが、多くの学生(らしき人たち)が出入りしていて、なかなか人気のカフェのようでした。僕はコーヒーしか頼みませんでしたが、Deal time メニューに£5.5(約770円)でパニーニとスープと好きな飲み物を選べるセットがあり、他のお客さんが食べているのを見ていたらとても美味しそうでした。(3点でこの値段はお手頃価格。)

街を歩き回って感じたのですが、AberdeenはEdinburghに比べてカフェの数が少ない印象を受けました。

(カフェ好きの僕にとってAberdeenの唯一のマイナスポイントでした。。。)

<パブ>

今回の旅ではWhetherspoon系列のパブに2箇所行きました。

『The Archibald Simpson』『The Justice Mill』です。どちらも古い建物を改装したパブで雰囲気がよく、人も多く集まっておりました。

(ほろ酔いで浮かれていまして、写真をあまり撮っていませんでしたすみません笑)

“Aberdeen (アバディーン)のその他の楽しみ方”

市街地を歩き回って気づいたのですが。。。

街のいたるところにフォールアートが!!!

そこのインスタグラマーのあなた!!!

ウォールアートを見つけながら街を歩き回り、インスタ用のおしゃれな写真を撮るのはいかがでしょうか?

こんな感じにね。(このポーズが正解かはわかりません。。。笑)

“まとめ”

アバディーンの神戸っぽいところは、

①港を中心に栄えた街

②街の通りがクリーン、綺麗

③ショッピングモールが多い

っという感じですね。

他にも、

“接した人が皆親切で優しかった”

“街全体的に落ち着いていてゆったりとした時間を過ごせた” など

GOODポイントがたくさんありました。

唯一マイナスポイントがあるとするならば、

“カフェが少ない”。。。ですかね笑

ちなみに、今回の旅の移動費、宿泊費、食費(カフェやパブも含む)を全てあわせると、

一人当たり約£185(約25900円)でした。

はい。ということで今回の『スコットランドの神戸。Aberdeen(アバディーン)』はこれで以上です!

<今回紹介した場所やチケット購入の公式サイトまとめ>

列車のチケットの検索はScotRailでするのがオススメ↓

URL: https://m.buytickets.scotrail.co.uk/search

Union Square 公式サイト↓

URL: https://www.unionsquareaberdeen.com/visitor-info/opening-times

Aberdeen Maritime Museum (アバディーン海洋博物館) 公式サイト↓

URL: http://www.aagm.co.uk/Visit/AberdeenMaritimeMuseum/amm-overview.aspx

以上。

んじゃ、またね〜

Bye

 

<フォローお願いします>

Twitter ↓

TAKA : @Edin_timefries

Instagram ↓

IPPON+:@eu_japanese_judoka

TAKA:@ta_bo59

 

 

 

 

スポンサーリンク

0

Takafumi Kitaharaカテゴリの最新記事